脊椎症(脊柱管狭窄症)

  椎間板は30歳を過ぎる頃から退行変性がはじまります。椎間板がはみ出し膨隆した椎間の骨縁から骨化が起こり、骨棘を形成します。また椎体(背骨の臼のような部分)後縁には後縦靭帯(こうじゅうじんたい)という靭帯がありこれが加齢とともに骨化、肥厚(後縦靭帯骨化症:OPLL)することがあります。これらの後ろには脊髄があるため、頚部、腰部の脊髄の太い部位で、脊髄、神経根(脊髄から枝分かれする上肢に延びる神経)、馬尾(脊髄の抹消部で下肢に延びる神経)が圧迫されることで、頚部脊椎症(頚椎症)、腰部脊椎症(腰椎症)を発症します。
脊髄を包む場所を脊柱管、その骨組みを形作るのが、椎弓という背骨の後ろの輪状の骨です。この大きさには個人差があるため、同じように変性しても、脊椎症になる人とならない人があります。このことは脊椎症の発症に、家族歴が関係することの一因になっているようです。
『頚椎症』は、手のしびれ、痛み、脱力、進行すれば体幹、下肢の痛み、歩行障害、『腰椎症』は、下肢のしびれ、痛み(坐骨神経痛)、腰痛、歩行障害などを認め、どちらもしばしば『脳梗塞』や『脳血管性パーキンソン症候群』などと紛らわしいことがあります。

『しびれ感』、『短期的な脱力』など症状の軽い場合、ビタミン剤(B12)、頚部の急激な運動を避けるなどの注意で保存的治療をします。『脱力、麻痺』、『耐え難い痛み』、『歩行障害』など、症状によっては『頚椎椎弓形成術』『腰椎開窓術』などの手術が必要となります。この分野も日々進化しており、最近では、下図のように縦に長く開創する方法から、側方から靭帯を避けて、骨の一個所だけを切開するもの、棘突起と呼ばれる骨の部分だけを展開し棘間靭帯というものを温存する方法に変わってきています。

 術後の慢性期は、変形、再発などを含めた術部の経過観察を踏まえ、ビタミン剤などの処方、画像撮影、患者さんによってはリハビリテーションを含めた外来通院が必要です。経過観察のため半年から1年に一回程度、外来でMRIなどによる確認が理想的です。手術を受けた後は、受ける前に比べ、外傷によって症状が悪化する危険性は減りますが、やはり転倒したり、頭部、腰部打撲には、気をつけてください。頚椎の術後は、頚部筋郡の繊維性収縮などにより左右とも約10°くらい横を向きにくくなることがあります。術後、1〜2ヶ月もすれば、通常、スペーサーなどのゆがみや逸脱はありませんが、手や足のしびれ、痛み、脱力を認めた場合、早めに外来受診してください。

頚椎症のMRI術前(左:脊柱管(白いところ)が狭い)と術後(右:狭窄部が改善)
頚椎症の術前後

頚椎症の術前後

頚椎症のCT術前(上:脊柱管(白いところ)が狭い)と術後(下:狭窄部が改善)
頚椎症の術前後

頚椎椎弓形成術
手術記載

手術記載2

  1. 脳腫瘍
  2. 脳出血
  3. くも膜下出血
  4. 脳梗塞
  5. (特発性)正常圧水頭症
  6. 脊椎症(脊柱管狭窄症)
  7. 三叉神経痛、顔面痙攣
  8. 頭部外傷
  9. 慢性硬膜下血腫
  10. 頭痛について
  11. 眩暈(めまい)について
  12. 脳の働きと分布について(CT図との対応)
  13. 脳疾患の経過について
  14. 高血圧について
  15. <番外編>知らないと世にも恐ろしい怪奇現象???とは

トップページへ

脊椎症(脊柱管狭窄症)