ART STUDIO  M cottage



二代目 床屋の角の公衆電話




★ 平成11年1月4日(月) ★

● 初 詣 ●

おととい(1月2日)のスタジオピーチベリーの放送を聴いて、「やっぱり初詣をしないといけない」と思いたって足利に行くことにしました。目指すはもちろん八雲神社感じもあったけど、もう慣れた道を飛ばして向かいました。

そして毎回そうなんだけど、足利に来た時は、まず1番最初に渡良瀬橋を渡る。それから今回は川沿いから八雲神社へ向かい、車を停めました。コンサートツアーの群馬の時以来、2ヶ月間程、足利へ来てなかったから、多少八雲神社の付近の道が変わってました。


本殿の中は、こんなふうになってました

いつもより大きく開かれた八雲神社

敷地内に入ってみると、つい昨日までの初詣の名残でも今日は4日ということもあり、全然人の気配がありません。いつもは閉ざされている本殿は完全に開かれて、中には椅子も置いてあり、入れるようになっていました。でも、無断で上がるのも変な感じなので上がりませんけど(笑)。鐘を鳴らしてお賽銭を入れて「今年も森高さんを精一杯応援できますように」と、「足利がいつまでもキレイな街でありますように」と祈願してきました。


去年のお供え物やダルマなどを供養した跡

本殿の左手には大太鼓もありました

本殿の左手には、テントが張ってあって、中にあるテーブルには絵馬ダルマが置いてありました。「これは売り物だろうなぁ…」と思いながらも、絵馬だけは書いていきたいなぁと思って、どうしたものかと考えました。そういえば鳥居をくぐってすぐ右側に、管理事務所みたいな建物があったことを思いだし、行くことにしました。果たして人はいるのだろうか?というような感じだったんだけど、インターホンを鳴らしてしばらく待つと、おばさんが出てきました。絵馬のことを話すと、書いていっていいことが分かりました。書いたものは、本殿の右奥にある建物に掛けるようになってました。ちょっとヒモがもう少し長いと良かったんだけど、まぁ、工夫して取り付けました。


絵馬を掛ける天神社

私も書きました
ちょっと寒かったので字が変ですね(笑)



● 二代目 床屋の角の公衆電話 ●

そうして八雲神社をあとにしたわけですが、それからが肝心なのです! 例の床屋の角の公衆電話をかすめて通ろうと思って行ったら、丁度信号待ちになったのですが、見てみると「?」とならずに居られませんでした。なんか電話BOXの中の電話機が緑色をしていない! グレイに見えるんですよね。それが分かった瞬間、ISDN回線用のものに、BOXごとそっくり取り替えられてしまったようなのです。ちょっと悲しい感じがしました。一代目はこちら

      



でもこれは事実なので受け入れないといけないので、あえて『 二代目 』という表現を使わさせていただきました。これだったら一代目を受け継いでいる形に聞こえるでしょ?

うかつにも4日はカメラを持って行かなかったので、1月27日(水)に再び訪れることになり、撮影をして、ここにみなさんに紹介する運びとなりました。

みなさん、二代目、床屋の角の公衆電話をよろしくお願いします!!

それからNTTに聞いてみたところ、以下のように設置したそうです。
所 在栃木県足利市通り7−3136
名 称通り7丁目交差点角
電話機番号44217
設 置 日平成10年11月16日


足利MENU