ART STUDIO  M cottage



八雲神社 特集




ここでは、遠くて足利には行けない人などのために、私が今までにキャッチした情報を元に、八雲神社について調べてみました。
 私の知る限りでは、現在足利には5つの八雲神社が存在しています。今までのページでは『 3つ 』と紹介してきましたが、その時既に4つあるのを知ってました。が、4つ目がどこの資料で見たのか、また、どこにあるのか分からなくなってしまい、仕方なく、そう紹介してきました。
 そしてその後、森高MLの方からメールを頂き、5つあることを教えられました。最初はビックリしましたが、すぐに調べてみて存在を確認し、「これはHPで取り上げなきゃ」ということでここでご紹介しております。
それではご覧下さい!

● 八 雲 神 社  その1 ●

● 八 雲 神 社  その2 ●

● 八 雲 神 社  その3 ●

● 八 雲 神 社  その4 ●

● 八 雲 神 社  その5 ●



★ 八雲神社 ★

【 やくもじんじゃ 】と読む。《渡良瀬橋》で森高さんは、「やぐもじんじゃ」と歌っているようですが、正しくはそう読みます。この名が付く神社は、現在、全国に散在するようですが、その大半が、主神に素盞鳴尊(すさのおのみこと)を祀(まつ)っています。明治時代までは『 牛頭天王社(こずてんのうしゃ) 』と言っていたのですが、慶応4年(1868年)3月28日の「太政官達」のよって、「牛頭天王」という社号が禁止されて『 牛頭天王社 』は『八雲』『祇園』『八坂』『進雄』『素盞鳴』などにそれぞれ名を改称された。
 『八雲』は『記』『紀』にみえる素盞鳴尊の「夜久毛立つ出雲八重垣妻ごみに、八重垣作る、其の八重垣を」の歌の「夜久毛(八雲)」に因んで付けられた。


★ 栃木県足利通りの八雲神社 ★

旧郷社。祭神は素盞鳴尊を祀ります。旧称は天王宮といい、例祭は7月20日、この日、御幣合わせ神事が行われます。当社の神興と旧村社の八雲神社(祭神、奇稲田姫命)の神興とが会うという神事です。また、八百燈の提灯を点ずる提灯祭りも行われます。


足利MENU