ART STUDIO  M cottage




STEREO SYSTEM




部屋にはいろいろな機材がありますが、中でも最もつきあいの長いモノがこのStereoです。
古くなって取り替えたものもありますが、現在のStereoシステムはこんな感じです。

Amplifires CD Player MD Player Speaker Systems Tuner
Cassette Decks Recorder Deck TV Digital Sound Field Processor  


 Amplifires

 ONKYO / TX−SA604(N)
TX−SA604(N)は、平成19年4月23日(月)に家電のYPという通信販売のお店で購入したもの。オーディオ類はしばらく手を入れてなかったので、この年にテコ入れをしようと思って最初に手をつけたものです。今までのサラウンドシステムをやめて、dtsなどの音場を意識したものにしようということでこのアンプを選びました。A−701Dの低音に比べるとかなりお粗末な感じですので、いずれ、サブウーハーを導入しようと考えているものの、それを置く場所が…。

 ONKYO / Integra A−701D (売却)
Integra A−701Dのアンプは、高校生の時の昭和62年9月21日に買ったもので、当時、やっとCDからの『光伝送』を受けられるようになった、ONKYO初のアンプです。でもどういう訳か、数回しか使ってないのに光受信部がおかしくなってしまい、以後ずっとその機能は使ってませんでした(笑)。ホントに普通のアンプとしてしか使ってないですが、低音の効く素晴らしいアンプでした。平成19年4月にその役目を終えて売却となりました。20年経ってても値段が付いて売れるとは、恐ろしやONKYO!

 YAMAHA / AX−380 (売却)
YAMAHAのアンプは、平成7年8月10日に買ったもので、これはサラウンド用として使っていました。だから結構安く済ませました(笑)。これも同じく平成19年4月にその役目を終えて売却となりました。
リストTOPに戻る



 CD Player

 KENWOOD / DP−7060
この前の機種はONKYOが初めて『光り伝送』を装備したIntegraシリーズのものを使っていたんですが、それは高校1年の時に買い、そのうちCDトレイがうまく出なくなり、自分で調整をしたりとかして、がんばっていたんですが、限界がきたために平成6年12月5日に秋葉原でこれを買いました。その後、何も不都合がないので現在に至ります。
リストTOPに戻る



 MD Player

 ONKYO / MD−125(N) GOLD
当時かなり迷って、遂にMDデッキMD−125(N)を買いました。平成9年12月9日(火)です。八王子のヨドバシカメラで購入。遂にMD戦線に参加したわけですが、これからが大変です。車にもMDデッキを付けたいしなぁ。と思った1週間後には、車のステレオを一新。念願のCD・MD・ラジオ・DSPをインパネの手元側に、トランクルームにCDチェンジャーをセット。車からカセットデッキが消えました。

 ONKYO / MD−124(N) GOLD
MD−124は、MD同士で編集できるようにと、買いました。平成11年5月6日(木)です。新宿のヨドバシカメラで購入。こちらはリーズナブルに済ませました(笑)。

リストTOPに戻る


 Speaker Systems

 ONKYO / D−200U
D−200Uは、平成6年9月14日に秋葉原で買いました。この前は、中学校の時に買ってもらったミニコンポのスピーカーを使っていて、かなり音質的には我慢していました。でも予算があまりなかったため、コンパクトタイプにしました。でも割と低音が出るので、結構気に入ってます。スピーカーコードもいいヤツに替えたら、隅々まで鳴ってくれるので、もっと気に入りました。

 ONKYO / D−308C
平成19年5月1日(月)、家電のYPという通信販売のお店で購入。アンプのTX−SA604のセンタースピーカー用として購入しました。ホントはもう1サイズ大きいものが良かったのですが、配置の都合上、このモデルになりました。ちょうど37Z2000の全面中央に配置され、視界も妨げないのでちょうど良いです。

 ONKYO / D−057M(D)
平成19年5月1日(月)、家電のYPという通信販売のお店で購入。アンプのTX−SA604のフロントのサイドのサラウンド用として購入しました。でも配置をするに当たり、部屋のサイド面となる場所は窓ガラス、と出入り口のドア。なのでフロントスピーカーD−200Uの2m上に配置しました。ちょっと変わったサラウンドになりましたが、音場をリアルに再生してくれます。

 ONKYO / D−20
D−20は、平成7年8月10日に秋葉原で、アンプ『AX−380』と一緒に買いました。サラウンド用ってことで、あまりお金はかけてません。まぁこんなものかなって思ってますが、ビデオを借りてきたりとかすると、ものすごく威力を発揮します。現在はTX−SA604につながり、しっかりとリアのサラウンドスピーカーとしての役割を演じています。

リストTOPに戻る


 Cassette Decks

 KENWOOD / KX−7060S (保管中)
KX−7060Sは、平成6年9月14日に秋葉原で、スピーカー『D−200U』と一緒に買いました。別に欲しかったっていうか、なんとなく買ってしまった気がします。機能的にはTD−V711の方がいいのですが、これにはドルビーSという、最新の技術があります。が、今は物置に…(笑)。

 Victor / TD−V711
TD−V711は、昭和63年1月4日に秋葉原で買いました。もう年代物って感じですが、やっぱり年代物です(笑)。録音が出来なくなったこともあったんですけど、さすがにいい音質なので直して今も現役です。これは森高さんのラジオ放送をチェックするのに必須のものでした。
リストTOPに戻る



 Tuner

 KENWOOD / KT−2060
KT−2060は、平成6年10月17日に立川のLUMINEで買いました。森高さんのラジオ番組を聴くために買ったもので、そんなにいいものではありません。普通のチューナーって感じです。その頃から話題になっていたAMステレオを装備してます。
リストTOPに戻る



 Digital Sound Field Processor

 YAMAHA / DSP−100 (売却)
DSP−100は、高校生の時に買ったもので、なかなか優れものです。アンプは搭載していないため、別に用意する必要があったのですが、それはおいといて。なんと7スピーカーシステムのサラウンドを構築できるのです。メインのスピーカーに加え、サラウンド用にフロント・リアの左右と、ウーファー。でも実際は4スピーカーで使ってましたが(笑)。
リストTOPに戻る



 TV

 TOSHIBA / 37Z2000
平成19年5月10日(木)、満を持して購入に踏み切りました。京都にあるファイブスポットという通信販売のお店からです。このお店に辿り着くまでは、結構いろいろなお店を調べたり、近所の家電屋に行って映像の映りぐらいを確認しました。このモデルに決まるまでは、ずっとシャープのLC−37GS10にしようと思っていた。それが、この東芝は液晶パネルにシャープと同じものを使っているということが分かり、映像エンジンも悪くないので、安くていいものだから突然このモデルに決まりました。ネットで購入する訳ですが、評判のいいお店ということでこのお店を選びました。対応はメチャクチャ良かったです。納期も早かったし。
最初は37インチの大きさに感動していたが、すぐに慣れてしまったので感動は薄くなってしまった。それでもすごくいい。惜しむらくは、時代の流れということで液晶の残像がまだあるということ。こればっかりは最新モデルの倍速仕様にはかなわない。反面、この当時は音質に拘りがあり、ONKYOとタイアップしていて、低音の豊かさは抜群である。シャープと聞き比べても歴然だった。

 NEC / C−20R38 (譲渡)
C−20R38は、平成8年10月11日に近所の電気のNOJIMAで買いました。これは20インチのモノラルです。当時はステレオとかワイドとかが全盛でしたが、あえてこのタイプを選びました。前は14インチのものを使っていて、やはり大きさに不満を感じていたので、これになりました。平成19年5月、東芝液晶TVの37Z2000が来てからはお役ご免となり、弟の家のTVが壊れた為のピンチヒッターになりました。

リストTOPに戻る


 Recorder Deck

 TOSHIBA / RD−S300
平成19年5月6日(日)、八王子のヨドバシカメラで購入しました。この時点では大型液晶TVを導入していなかったが、もう既に東芝製にすることが決まっていたので、東芝のDVDレコーダーを購入することとなりました。ネットで調べた結果、ヨドバシカメラが期間限定で特売をしていて、さらにポイントも付くというセールだった為、このお店で保証延長をつけて買いました。DVDビデオを作製することが多くなってから分かったのですが、他メーカーのデッキだったら東芝のように細かく編集することが出来なかったようです。たまたま東芝製を買ったのが大正解だったようです。

 Victor / HR−VXG100
HR−VXG100は、やっぱりS−VHSの画像は侮れないという想いから、平成11年2月22日に急遽購入しました。新宿のヨドバシカメラにて。いろいろどれにしようか悩んだあげく、思い切っていいヤツにしてしまいました。このビデオは優れモノで、リモコンモードが2パターンあって、ビクターのデッキが2台あってもそれぞれに操作できます。画像はメチャメチャ良いです。RD−S300を導入するまではホントに良く使っていました。今まで録り溜めしたビデオをDVDにしようとRD−S300と繋がっています。

 Victor / HR−S200
HR−S200は、HR−VXG100とS−VHSダビングをするために購入したが、今はその使い方はしていません。RD−S300が導入されてからは、自作PC3号機に繋がっています。でもほとんど出番がありません。

 Victor / HR−F8 (どこに行ったかなぁ?)
HR−F8は、平成9年12月1日に八王子のヨドバシカメラで買いました。日立の古いデッキがおかしくなったので、思い切って買いました。で、ちょっと失敗したのは、2台ともVictorになり、リモコンの操作で、2台一緒に動いてしまうのですよ。あちゃ〜って感じです。その他は、ご機嫌なデッキです。しかし、今は何処へ?(どうしたか忘れてしまった)

 Victor / HR−D2 (現在、友人の家にあるハズ…)
HR−D2は、平成5年11月29日に電気のセキドで買いました。昔からビデオデッキはVictorというのを聞いていたので、これになりました。友人の家で活躍しておりましたが、今は…。
リストTOPに戻る