海外に於ける鉄拳のコマンド表記

鉄拳界隈最大手のコミュニティサイト「tekken zaibatsu」をはじめ、
諸外国の鉄拳サイトで用いられている標準国際表記は、
日本国内のそれとは一線を画しており、初見では到底解読できない。

略称の説明含め、財閥内にも解説ページは用意されているものの、
英文で目がチカチカしがちな人向けに自前で簡易版を用意してみた。

1→LP
2→RP
3→LK
4→RK
5→(チェンジボタン。鉄拳TAG)


※これらの数字をテンキーのレバー入力と勘違いすると、もうお手上げ

f→前(forward)
b→後(back)
u→上(up)
d→下(down)
d/f→斜め前下
d/b→斜め後下
u/f→斜め前上
u/b→斜め後上


※太文字の場合はボタンホールド

qcf→236入力(quarter circle forward)。所謂波動拳コマンド。
qcb→214入力(quarter circle back)。所謂竜巻旋風脚コマンド。
hcf→41236入力(half circle forward)。所謂ヨガフレイムコマンド。
hcb→63214入力(half circle back)。所謂逆ヨガコマンド。逆ヨガって死語?


※十字キーの周回距離で表記している

CD→風ステ(crouch dash)。6N23、或いは6523入力
FC→完全しゃがみ(full crouch)
BT→背後、背面(back toward)
WS→立ち途中(while standing)
SSL→左横移動(side step left)
SSR→右横移動(side Step right)
CH→カウンターヒット(counter hit)
CC→しゃがみキャンセル(crouch cancel)
( _ )→"or"。コマンドが2通りある場合など
>→ディレイ。"<"の場合も
flip→裏返し


※IWS(iws)は立ち状態から下要素に6F以上入れて出す、自前の立ち途中

wgf→風神拳(wind godfist)
ewgf→最速風神拳(electric wind godfist)
tgf→雷神拳(thunder godfist)


※数ある固有技のうち、何故か風神拳と雷神拳はこの略称が頻繁に用いられている。
各キャラの固有構えも3文字の略称が用いられているが、
あまりにも数が多すぎるのでここでは割愛する

おまけ

当然ながら、2D格闘ゲームに関しても入力をテンキーで表す習慣は無く、
上記のF,B,U,D,Nの組み合わせで表記されている。
コマンド投げで度々出くわす一回転や二回転コマンドは、
回転度数をそのまま数値で表す。360=一回転で720=二回転。

ボタンに関しては数字ではなく、LP,MP,HP,LK,MK,HKが一般的。
これは6ボタン式のカプゲーを例にした表記だが、PはパンチでKがキック。
LはLight、MはMedium、HはHardを示している。ローミドルハイに非ず。
書くまでもないがL=弱=小、M=中、H=強=大。
立ち/しゃがみはStandingとCrouchingの頭文字、sとcで表記。

もちろん他にも様々な表記が混在するが、あとは各自で勉強ってことで


HOME >> TEKKEN MEMO >> 鉄拳コマンドの国際表記