■8日(日曜日)
実は仕事があまりにも忙しいので、
通勤時間にひたすらアニメを見て、心のよりどころにしていたり。
それで、見た感想でも。

●浦和の調ちゃん
短編だったんですね。
やっぱ、ネタが濃すぎます。
絵柄、声優、設定、どれも好みなのですが、
浦和地域の市民が50万人ぐらいいたとしても、
アニメを見るのはその5%ぐらい?
ローカルすぎて、部外者が見ても、せいぜい十万石饅頭ぐらいしか
ピンとこないですし。
このまま、今年でフェードアウトしない方法とかあるのでしょうか・・・
個人的な好みとしては、沼影彩湖。

●ニセコイ:
あれ?二期なのに、結局、主人公との結論はでないのか・・・
話の展開は直球でキャラも話も音楽も、けっこう好みなんですけどね。
アニメ内で流れる音楽、とくにバイオリンが秀逸です。
好みは、いっちゃてる万里花と典型的妹な春。

●僕らはみんな河合荘
なんとなく、最後はほわわんと終った感じで
日常系な話で、けっこういい感じだったです。
未成年で飲酒や、自転車ニケツなど、ネタ的には
ある意味アウトローな感じですが、
うーん、なんでしょう、なんかギャルゲーって感じです。
普通な人が一人もいないからでしょうか。
彩花の声は、イカ娘な人なんですね、うーん、このキャラ年齢でもいけるんですね。
唯一残念なところは、アニメ画にセリフのテロップが差し込みで大量に
入ることでしょうか。ニコ動みたいです。集中してみているのに
目が行ってしまい、気分がなえてしまいます。
個人的な好みは、律と言いたいところですが、僅差でツンデレな千夏。

●月刊少女野崎くん
ギャグマンガなんですね。面白いです。
勘違い系でひたすら話が進んでいくのと
基本少女漫画なところもおもしろいです。
続編があったらぜひ見てみたいです。
一押しは千代と言いたいところですが、これまた僅差で結月。

●神様はじめました◎
ご当地である川越があまり出番がありません。
下手すると、島根の出雲のほうがメインだったり。
話としては、ライバルが雲隠れしてどっか行ったとかあったけど
最後でヒロインがハッピーエンドで終わっていたり
十分纏まっていて、とても好感がありました。
絵柄はそれほど好みではないのですが、面白かったです。

●リコーダーとランドセル ミ☆
水戸黄門なみに、毎回ベタなオチで終わるのですが
このシリーズ好きです。細々と続いてほしいです。
もちろん好みはあつみ。

●未確認で進行形
まずは紅緒のヘンタイっぷりが気になるところです。
ゆるゆりの比ではありません。
しかし、主人公は人間では無くなったと、意外と話の主題は重いのですが、
最後、ヒロインは結ばれるみたいな感じで、良かったです。
絵柄もキャラも良く、ぜひおすすめしたいです。
個人的な好みはこのは。

●Working!!!
全部見ました、最終話が???最後の最後で謎を振って終わってないやん!!
とホントの最後で謎展開がありましたが
それまでは、話がまとまっており良かったですよ。
話の中で、勘違い系アニメであるネタが出たり、
3期が出て良かったと思います。
やはり好みなキャラは、ぽぷら、と言いたいところですが、山田妹か。

●Charlotte
これは良いです。
最初は学園ものの話が続くと思ったら、困難にぶつかり
そこから困難を乗り越えたと思ったら、世界規模の話に巻き込まれるという
この盛り上げ方はいい感じです。
最後も、紆余曲折ありましたが、途中に出てくる行動について
すべての謎が解決し纏まっています。
絵柄もけっこう好みです。
ネタばれになりますが、話の流れは、一人が全世界を背負うところとか
まどかマギカですね。こちらは最後に救われるだけ良いかもしれません。

よく、前作のエンジェルビートと比較されますが、
私的には、登場人物がこちらのほうが少なくまとまっている、
また、最後がある程度救われている、絵柄も好みということもあり
Charlotteのほうが好きです。
主人公はヘタレだったのが、最後の最後で成長しているのが泣けますね。
柚咲はもっと目立ってもよかったかもしれません、奈緒の陰に隠れていた感じです。
歩未は世間では賛否両論があるようですが、このぐらいイタイほうが好感持てます。
奈緒は主人公が途中でイッてしまったときのエピソードが良いですね、
それに、奈緒のCVの人って、ニセコイの春と同じ人なんですね、全くわかりませんでした。
言われてもわかりません。この演技のギャップがなんともたまりません。
基本的に、登場人物全員不幸ですね。

また、最後のところではあるのですが
主人公が柚咲の能力を奪ったなら、主人公が美砂を呼び出すことができるのでは?
主人公が目を治す能力を手に入れたら、またタイムリープすれば良いのでは?
とか思ったのですが、もうクライマックスなところなので、別にスルーでよかったのか。

とは言っても、謎は解けたのですが
兄である隼翼は、最後に大切な人を失ってしまった時間軸なのでバッドエンドですね。
目も見えなくなったし、かつての主人公のように、
廃人のようになったまま、最後も出てきてないし。うーん。

いちばんの心残りなのは、前半の時間軸にいる奈緒が
とてつもなく不幸だったのかもしれません。
あれだけ主人公のことを見守って、ライブへ行くとか、兄が回復しつつあるとか
主人公と良い感じになったのに
主人公はタイムリープして、違う世界へ旅立つということは
二度と会えないということなのに、うーん。奈緒の気持ちになったら相当キビシイですね。
タイムリープ後に会った奈緒は、私的にはどうしても双子みたいな感じで別人というイメージです。
このへんは、未来日記の由乃みたいに、本人だったら良いという感じということなのでしょうか。
タイムリープ後の奈緒も暴漢にやられたり、兄はダメなままのはずなので
不幸であることは間違いないのですが
すぐに主人公を受け入れるというのも、ある意味強さを感じました。
エンディングで、主人公の記憶が無くても、本人がいる限り希望がありますし
そういう意味では、奈緒は救われたのかもしれません。

とかとか、Charlotte見て長々と思うところがあり、ここ最近で見たアニメでは
いちばん話を楽しめました。
ちなみに、音楽的にはあまりコレ、と思うところは無かったです。
キャラ的には前半までは妹の歩未が一押しだったのですが
最終的な一押しは奈緒かな・・・うーん。



■1日(日曜日)
親戚で集まり、飲食屋で打ち上げです。
たまにはこういうことがあっても良いかもしれません。
十数年ぶりに会う従姉とか。時の流れを感じます。就寝。