メタボリック対策ショッピング 本文へジャンプ
 


便秘を解消しよう
   便秘を解消するための正しい知識を身につけましょう。


便秘はつらいものです。また、ダイエットするのに天敵といっていいほど厄介なものです。
ここでは、便秘を解消するための正しい知識を身につけましょう。
まずは食物の消化を見てみましょう。

口 → 胃 → 小腸 → 大腸 → 肛門

という流れで、口から入った食物は肛門から便となり、出て行きます。

消化に要する時間は

胃 炭水化物 ・・2〜3時間
   たんぱく質・・4〜6時間
   
脂肪   ・・7〜8時間

小腸 2〜3時間

大腸 17時間

という感じで、大体、口から肛門まで、24〜72時間くらいかかります。
ですので、便が3日間出ていなくても便秘とはいいません。

腸内の水分が少なくなって、便の量も減るため、排便が困難で、日常生活に

影響がある状態を便秘といいます。

新快々 減肥杜仲茶

なぜ便秘が起こるのでしょう。


女性のほうが男性よりも2倍便秘になりやすいといいます。

1、男性よりも腹筋が弱い。

2、普段の生活で、排便を我慢することが多い。

3、不規則な食事や、ダイエットによる自律神経の乱れ。

4、食べ物の影響。

5、ストレスによる自律神経の乱れ。

6、更年期による自律神経の乱れ。

7、黄体ホルモンの分泌の影響。

8、服用している薬の影響。


新快々 減肥杜仲茶

便秘の種類


1、機能性便秘・・・女性に多い。腸自体には問題ないが、働きに問題がある場合。

習慣性便秘

A,弛緩制便秘・・習慣性便秘のうち70%が弛緩制便秘。

           食物繊維不足、腹筋の不足により、大腸全体が弛緩。

B,直腸制便秘・・排便の我慢、浣腸の使いすぎ、下剤の使いすぎ。

C,刺激性便秘・・過敏性腸症候群、水分が吸収されて、ウサギの糞のようにコロコロした便になる。下痢と便秘を繰り返す。刺激性下剤は使わない

2、薬剤性便秘・・・利尿剤などで水分が失われた場合に起きやすい。

          カルシウム拮抗剤(ワソラン、ヘルベッサー)により、腸管運動の低下。
          抗うつ剤。
          制酸剤(アルミニウム製剤)
          カルシウム剤
          鉄剤
                 H2ブロッカー
                 ピル   など


下剤の種類


1、機械的下剤・・・体内の水分を腸に出し、腸内の水分量を多くして、刺激する

          ミネラルの中でマグネシウムが1番吸収されにくい。ついで、カルシウム。

カルシウム:マグネシウム=2:1の割合で摂取するのが理想で、マグネシウムの割合が多いと下痢に、カルシウムの割合が多いと便秘になります。

          マグネシウム製剤
          大量の水分とともに摂取し、その水分を吸収し、腸内を刺激する
          ウィズワンなど

2、刺激性下剤・・・腸の粘膜を直接刺激して、働きをよくする。
          常用性があるので、短期間の使用がよい。コーラック、カイベールなど

3、浣腸 ・・・グリセリンが成分。妊婦さんには禁忌。弛緩性便秘、直腸性便秘に適しています。
        使い続けると慣れてしまい、効き難くなってしまいます。


新快々 減肥杜仲茶 でるでる

便秘にならないための生活習慣


1、規則正しい排便習慣・・・必ず朝食は摂りましょう。人が寝ているときは腸も寝ています。朝起きると腸も動き出します。朝もよおすのはこのせいです。そして、朝食後は排便する努力をし、それを習慣付けましょう。

2、腹筋運動・・・腹筋が弱いといきむときに力が入りませんので、便を押し出す力も弱くなります。1回もできない人は、1回。10回できる人は、10回を2セットなど、すこーしづつ増やしていきましょう。 腹筋は頭を上げる腹筋と、足を上げる腹筋の両方やれるとよいと思います。(鍛えられる筋肉が違います。)

また、足を上げて左右にゆっくり倒したりしても良いです。

ただし、腹筋ばかりやりすぎると、背筋とのバランスが悪くなり、腰痛の原因になりますので、注意してください。

3、食事・・・食事の影響は大きいと思います。まず、朝起きたら、コップ1杯の冷たい水。または、冷たい牛乳。

      ・食物繊維の多い食事。

      ・香辛料、炭酸飲料、脂肪の多い食事、コーヒー、アルコール。炭酸飲料はカロリーが高いので、炭酸水がおすすめ。

      ・牛肉などのたんぱく質(アミノ酸)は腸の働きを抑えてしまうのでNG

      ・脂肪は腸の働きを良くするが、とりすぎると太るので、あまりおすすめできません。






食物繊維について