シンプルモダンな快適住宅を建てたい人のための住宅情報サイトです。  >サイトマップ  >ホーム  >お問い合わせ
>我が家のメンテ >洗濯機排水トラップ清掃

洗濯機排水トラップ清掃

洗濯機排水

これを書いているのは2017年8月です。 特に不具合というわけではないのですが、前々から気になっていたところを清掃しました。 場所は、洗濯機排水トラップです。 洗濯機を使うと、糸くずなどが排水と一緒に流され、それが蓄積されて詰まりが発生する… という話を聞いたことがあります。

もし、つまりが発生すると、排水管からの水漏れや洗濯機がエラーを出して洗濯できない、 そんな状況になってしまいます。

が、実際、そのトラップがどこにあって、どういう構造か、どういう風に清掃すれば良いか、 はあまり深く考えずに今まできてしまいました。 今回、思い立って構造確認と清掃をしてみましたので、その内容をまとめておきたいと思います。

排水トラップの構造

外した引き戸 まず、排水トラップがどこにあるかを確認します。 洗濯機ですと、洗濯機の排水ホースがつながれている部分、ここが排水トラップになっています。 写真でいうと、排水ホースが差さっているステンレスっぽいリング部分ですね。

この差し込み部分がトラップ一体構造になっているそうです。 ちょうどお風呂のトラップに似たような感じです。 ホースの差し込み口の先にカップが付いていて、その外側に周囲に穴の開いたさらに口径の大きなカップが付いている、そんな感じです。

トラップの分解

洗濯機排水管トラップ1 文章での説明がわかりにくいので、実際に分解して中身を見てみましょう。 まず、排水ホースを外します。 すると、黒いゴム製の差し込み部分が出てきます。 写真はこれを抜き取ったところです。

次にゴムの差さっていた部分の先にあるプラスチック製のカップを取り出します。 特に固定はされていないので、指で引っ掛けて持ち上げると外れます。 これが内側のカップです。

洗濯機排水管トラップ2 次に外側のカップも抜き取ります。 これも固定されていないので、指で持ち上げて外すことができます。 どちらも引き上げたところが次の写真です。

これがトラップの全体像です。 要は、外側のカップに排水が溜まっていて、その中のカップ(底には穴が開いています)を通じて排水が流入します。 下から流入した排水が外側のカップの上の穴からあふれて、排水管に排水される、そんな仕組みになっています。

こうなることで、常にカップに排水が保たれるので、排水管からの臭いが上がってこない、そういう効果があります。 キッチンなどのU字トラップと同じ考え方ですね。

トラップ清掃

清掃は簡単です。 取り外したトラップの各部品を水洗いして汚れを落とす、カップの中のごみを洗い出す。 清掃できたら、分解と逆に各部品を取り付けていきます。 これで完了です。

ちなみにモダ家のトラップはリフォーム後、初めて分解してみました。 たぶん、7〜8年は放置されていたのではないかと思います。 確認したところ、中から糸くずがびっしり付いた髪止めが出てきました… こんなものが洗濯機から流れ出てくるんだ…と少し驚きです。 洗濯機が壊れなくてよかったです。

と、こんなこともあるので、できれば年に1回くらいはトラップ清掃はしておいたほうが良いですね。

このページの先頭に戻る
我が家のメンテメニューに戻る
<快適なモダン住宅を建てよう>に戻る
Copyright(C)モダ2010 All Rights Reserved