シンプルモダンな快適住宅を建てたい人のための住宅情報サイトです。  >サイトマップ  >ホーム  >お問い合わせ

自己紹介とお問い合わせ

自己紹介
『快適なモダン住宅を建てよう』サイト管理人のモダです。 北関東に位置する栃木県に在住、妻と私と子供二人の四人家族です。 職業はごくごく普通のサラリーマン、子供がまだ小さいので妻は専業主婦です。 最近は、このサイトやブログ更新、将来のリフォーム構想、さらに次に建てる家のことなど有り得ない妄想(?)が趣味と化しています。

2009年に「宅地建物取引主任者(※1)」、2010年に「2級ファイナンシャル・プランニング技能士(※2)」、2011年に「インテリアコーディネーター(※3)」「第2種電気工事士(※4)」の資格を取得しました。 本サイトにはインテリアや不動産取引、税金、住宅ローン、資産運用にまつわる記載がありますが、一定の知識を持ったうえでの記載内容であると捉えていただければ幸いです。


※1 宅地建物取引主任者とは
宅地建物取引主任者とは、土地や建物の売買などの取引を行うために必要な資格です。 宅地建物取引主任者は不動産の売買・貸借時に、物件について事前に伝えなければならない重要な事項をお客さんに説明する専門家です。 これは重要事項の説明と言われますが、宅地建物取引業法により宅地建物取引主任者でなくてはできません。 不動産会社には、一定の割合でこの資格を持った従業員を配置するように定められています。

※2 ファイナンシャル・プランニング技能士とは
顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談(ファイナンシャル・プランニング)に必要な技能に関する国家資格です。 ライフプランニング、金融資産運用、タックスプランニング(税金)、リスク管理(保険)、不動産運用、相続・事業承継の領域の知識とプラン設計能力が必要です。

※3 インテリアコーディネーターとは
インテリアコーディネーターとは、消費者が家を建てたり改築したりする際に、家具やカーテン、照明などの商品選びや住宅計画の提案を行う仕事です。 お客様の要望を聞いて、インテリアや建築の知識を駆使して的確なアドバイスをする専門職です。 販売領域としてインテリア商材、部材、販売、コンサルティング、見積もり、技術領域として住宅構造、インテリア構成材、計画、表現技法、関連法規に関する知識が必要です。 また、図面作成などプレゼンテーション能力も求められます。

※4 第2種電気工事士とは
第2種電気工事士とは、一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)の電気工事に関する専門知識を有する者に都道府県知事から与えられる資格です。 一般住宅内の電気工事は、この資格が無いとできません。 (勝手に工事すると違法になりますのでご注意を!) 電気の基礎知識はもちろん、配線設計、配線図作成、材料、工具、施工、検査などの知識、実際の工事の施工能力も求められます。
お問い合わせ
メッセージ書いて! ご意見、ご感想、お問い合わせなどありましたら、お気軽に以下メールフォームにてご連絡ください。 不動産取引、資産運用に関するご相談なども承ります。
お名前

メールアドレス

メッセージ


このページの先頭に戻る
<快適なモダン住宅を建てよう>に戻る
Copyright(C)モダ2010 All Rights Reserved