ニラのメモ
通称ニンニン

2002年9月10日我が家で誕生
    生まれたときの体重102グラム

2005年12月7日
血小板減少症
(ネギの発症を機会に血液検査したところ判明)
プレドニゾロン5mgを1日2回服用
サンディミュン25mgは、副作用のための嘔吐で中止

同年同月14日
血小板、水準近くまで戻る

2006年6月19日
去勢(避妊)手術

翌日退院

同年同月27日
包帯が急に茶色くなり始めた
吸収糸が弱くなってきたため
(普通のワンちゃんであれば術口が完全に塞がっているので、
 吸収糸は徐々に弱まり吸収されていく時期である)
術口がまだ塞がっていないニンのお腹から
中から汁等が出ており再手術

翌日退院

同年7月12日
無事抜糸

ネギ初め、ナス ニラとも
「傷口がつきにくい」体質なのは
ネギの両親の近親交配による先天性異常である可能性が高いという
結果である。
営利目的の可哀相な交配は、控えて頂きたいものです。

2007年4月17日
歯石除去(麻酔無し)

2007年5月22日
ネギの紫斑が出たことで
いっしょに血液検査をしたところ
血小板が 少なくなっていた。
薬は飲まず、「ヒルズのサイエンスダイエット」のみの食事で
食事療法を。

その一週間後(5月30日)、再検査の結果
血小板は正常に戻っていたが
総タンパク、栄養タンパクが
低くなっていた。
これより一週間「免疫抑制剤」を服用

6月6日
再々検査の結果
タンパクも すべて正常値の域に戻っていた。
免疫抑制剤は、急に止めらない薬であるため
一錠から半錠に減ることになった。

6月11日
免疫抑制剤、一日一回四分の一錠に。

6月19日
免疫抑制剤、一日置きに 四分の一錠に。
2009年7月27日
鎮痛剤のみで、歯石除去。
グラグラだった左上犬歯の横の小さな歯を
一本だけ、抜歯。
迎えに行くと、
歩いて私の所まで来た。
いつもどおりのニラ。


12月15日
二ヶ月ほど前から 右膝の当たりに おでき。7~8ミリ
「組織球腫」であろうと診断。
大きくなる場合は「組織球肉腫」の場合があるが
どちらも、悪性である確率は低いらしい。

今回測ってもらったら、直径9ミリ、厚み6ミリ。
まだ このまま様子をみていても良いとのことっだたで
そうすることに。

が、出来れば、切除して はっきり何かを調べた方が
安心ではあると 補足。


2010年1月17日
朝、目から黄色い目ヤニ。
その日は、トリミングの日だったが。
トリマーさんにも
「黄色い目ヤニが出ますね?白目が赤くなってますよ」を言われ
その足で、病院へ。
急だったので、担当医さんは いらっしゃらず。
副院長先生に診てもらう。
目は、軟膏状の目薬を処方してもらった。

が、ついでに 膝のおできを見て下さった時
「これは、もう既に切らなきゃいけない大きさものですよ」と言われる。
「とりあえず、目が落ち着いたら、相談しましょう」とうことだったが
家に帰ってからも不安が取り除けず、
翌日電話して、すぐに切ってもうらうことにした。


1月19日
ネギの歯石除去と同じ この日に 切除してもらうことに。
いつもどおり元気に戻ってきたネギに比べ
ショックからか、ぐったりしているニラ。
それでも、一泊入院はなく、日帰り出来た。

が、病理検査結果は、グレード1〜3のうち、2というもので
中程度の悪性という結果だった。
再発する可能性は3割程度だそうだ。
これからは、一ヶ月に一度は検査しましょう
ということになった。

左腕の脇の少し上に、ポツとした 極々小さなおできが あるが
(一年以上前からだと思う)
気をつけて、見ていこう。
ウニの 老人性イボと 大きさは同じでも、
触った感じが明らかに違う。


4月23日
トリミングの時、肛門の左2センチくらいの所に
膝にできた 腫瘍とそっくりの おできを発見してもらった。

しばらく様子をみていたが
ネギと ニラのアルブミン検査の時、
おできの細胞をとって、病理検査に出してもらおうと
中味を抜いたら
ほぼ なくなってしまい、その中に 細胞は なかった。
ほとんどが分泌物ということだった。

数週間後、おできは きれいに なくったいた。

8月13日
夜中から明け方にかけて、にんが
おしっこの出る箇所を盛んに舐めている。
その にんが どいた後の布団の上は
直径20センチくらいの 無色透明のシミが出来ている。
それが、3~4箇所。

午前の診察に連れてゆき、
エコー検査、尿検査、血液検査をしてもらうが
どこにも異常なし。

数日、こんな日が続いたが
薬を飲んだ訳でも、治療したわけでもないが
治る。
先生も、初めての例で、原因不明とのこと。



2012年6月26日
2011.12.20にネギが皮膚上リンパ腫で逝ってしまったのを期に
ネギの娘であるナスとニラに
チミジンキナーゼ(リンパ腫マーカーのようなもの)の検査を
してもらうことに。
正常値が5.0以下であることに対し
ニラのチミジンキナーゼの数値は

12月→6.7
 1月→14.0
 3月→8.5
 4月→13.0
 5月→19.0

という具合に正常値に入ることもなく上がってゆく。

ナスが高度医療センターでPET-CT検査を受けてた時
先生から「高くても、同じような数値を行ったり来たりしてる場合は大丈夫。
どんどん上がってゆくような場合は要注意」と聞いていたので
不安がつのった。

ネギと同じリンパ腫の場合、早期発見してもしなくても
助かる道はないと考えて、
へたな治療でストレスを与えるより
その時その時で その時出た症状に対処していく道を
とろうかと、かかりつけの担当医と相談していた。

が、日に日に、考えは変わり
何かすがれる道はないのか、
このまま症状が出るまで、ニラを見つめてゆくということは
ただただ不安で涙が出るだけで、
せっかくニラと凄してるのに無駄な時間が流れているように思えた。

大学病院受診
血液検査、全身のレントゲンと超音波検査
全て、良好な状態で、異常なところはどこにも
見当たらなかった。
今 検査しうる中で見た結果、身体の中は全てがキレイな状態らしい。

たぶんリンパ腫ではないと思われるとのこと。
が、チミジンキナーゼが高いのは事実なので
大学病院でもチミジンキナーゼ検査をしたらしい。
その結果は再来週出ることになっている。



随分。間があいてしまったが、
チミジンキナーゼ検査を止めた。
数値に踊らされて
無駄な日々を過ごしてしまってると感じたため。

2013年12月15日
右腕の脇に大きなしこりが出来てることに
トリマーさんが気づいてくれた。

大きいけれど、わかりづらいしこりだ。
大き過ぎて、身体の一部かと思ってしまう。
まん丸にぽっこり出てるわけじゃないので
分かりずらいけれど
容積的にはチュッパチャプスくらいありそうだ。

以前、膝に出来た悪性腫瘍を切って下さった先生の予約をとった。

12月20日
やはり、脂肪とか膿ではな
く 腫瘍だった。
細胞の一部を針でとって
顕微鏡で見たところ
先生の初見では
「極めて悪いものである可能性が高い」とのこと。
確かに素人目から見ても
明らかに異常な細胞の核がたくさん点在している。

かといって、すぐに切除というのも
乱暴なので
いちおう、とった細胞を病理検査に出すことになった。
その結果は10日後くらいに出る。

以前、膝に出来た悪性腫瘍のように皮膚の表面に出来たものではなく
今回は、筋肉の中に入り込んで出来ている。

なので、切除する時 最悪 右腕切断することになるかもしれないとのこと。

ちなみにしこりの大きさは2センチ以上あるかもしれない
。 言い訳になってしまうが
筋肉の中に出来ているせいか
触ってみても、身体の一部のようにしか思えなかった。
本当はもっと早く見つけてあげることが
出来たのだと思う。

にんが歩いてる姿を見て
ひたすら涙がでた。

奇しくもこの日はネギの命日

12月28日
右前足を断脚することに決めました。

決めたというより、そうする他はないと思いました。

高度医療センターでやってもらった検査は
まず、右腕の腫瘍が本当に肥満細胞種であるかどうか
細胞をとって調べる。

転移してないか、内蔵のエコーをとる。

肝臓、脾臓に針を入れて、細胞をとり
転移してないかみる。

というものでした。
PETやCTまでやる必要はないそうです。

内蔵に転移してるようだったら
腕を切ったところで、意味はあまりないので
断脚はせずに、薬物療法にする。

内蔵に転移がないようだったら、
断脚した方が良い。

ということ。

結果、転移は認められなかった。
が、にんの腕に出来てる腫瘍が、かなり進行の早いものであり、
転移してないのは、まだ初期だからということ。
転移は早いだろうと予想され
切るなら早い方が良い。

これらのことから
もう「切る」しか結論が出ませんでした。

ちなみに、肥満細胞種が手足に出来たら必ずしも
断脚しなければならないわけではないそうです。

例えば、にんの肥満細胞腫が背中とか おしりとかに出来たものなら
そこを広範囲に切除すればよく

また にんのように 筋肉の中にまでしこりが
入ってしまってる場合も
大型犬であれば、
筋肉も大きいので 上の筋肉1枚を切れば済み
断脚までする必要がないこともあるそうです。

にんには「切る」という結論しか出ませんでした。

切ると決めたら、早ければ早いほどよいと言われました。

『ここ(高度医療センター)だと一番早くて来年1月2日なので
かかりつけの病院でもっと早く手術の予定を入れてもらえるなら
早い方を選んだほうが良い』

『今、そっちの病院(かかりつけ)に電話かけて、予定を聞いてみて
 こっちのほうが早ければここでやるし、そっちのほうが早ければ
 そっちでやった方がいいでしょう』

早くって、そんなに早く?!!
とビックリしましたが

そんなに急がないといけないんだ!と焦りの気持ちも出てきました。

かかりつけの病院にギリギリ、今年中に入れてもらえました。
大晦日の夕方からの手術になります。
執刀医は、以前も膝にできた悪性腫瘍(肥満細胞腫ではない)を
切除してくださった 院長先生です。