タイトル : 初代編集長、あるだんの冠協賛レースのまとめ

「だいこんおろし」の彼女募集記念
平成16年2月22日戸田第11R
記念勝利選手 渋谷正義(さいたま)

< レースPR(実況内容)>
人柄はいいのになぜか女性には縁がないという群馬在住38歳会社員の「だいこんおろし」さん。
ボートピア岡部をはじめ桐生・戸田を愛するこの男に対し、
人生というレースで万舟をとって欲しいという願いがイワ&あるだんからこめられております。
はたして幸せとともにレースもゲットとなるでしょうか?

イワさんの原文とはちょっと違いますが、
戸田のアナウンサーが面白くアレンジしてくれたみたいです。
戸田のアナウンサー、グッジョブ!!

< きっかけ >
まずは地元の戸田で協賛レースが行われると言うことで、
お舟さんの宣伝をかねてやろうということになりました。
それまでは浜名湖とか遠いところでしかなかったからね。
しかも来賓席ご招待、ピットで選手と戯れられるとおまけも豪華!
でもボクはふと思いました。
もっと面白くならないだろうかと。
ちょうどそのとき、だいこんおろしさんは自分のWEBなどで彼女が欲しい〜やら、
女!女!とやたら異性に興味があるみたいで、
これを利用しない手はないと思いイワさんに「だいこんおろしの彼女募集記念」ってのはどうかしら?
と提案してみたら非常にウケタみたいで決定となったのであります。
このときはボクもおろし師匠が怒ってしまうかと思ったけど、
師匠はかなりいい人でした。

< ドッキリ >
もうこのレース自体がドッキリです。
しかーし前日に戸田のWEB
にておろし師匠がレース名をハケーンしてしまいますた・・・。
おもしろ半減。

< その後 >
おろし師匠のWEBにもあったとおり、
JLCのアナウンサーを笑わせて放送事故にしてしまいました。
2ちゃんにはちょこっとレスがありましたね。
肝心の師匠へのラブレターは・・・・いたずらが2通ほど、だったっけ?

< 一番印象に残ったこと >
2ちゃんの戸田スレに書いてあった「 大根卸ろし氏ね 」



第2回「だいこんおろし」の彼女募集記念
平成16年6月26日浜名湖第7R
記念勝利選手 丸尾義孝(徳島)

< レースPR >
残念なお知らせです。先の戸田JLC杯では無残に散りました。
今回は全国の女性を大募集します。群馬人38歳。 詳細はHPにて。
さすがに文字数が決まってるとつらいです。実況の方でも原文のままでした。
JLCのアナウンサーに、舟券で負けたと勘違いされたのも痛かった・・・。

< ドッキリ >
今回も師匠には黙っていて、お舟さん記念とだけ伝えておいたの
だが、またしてもこの男がWEBで彼女募集記念をハケーンしてしまって残念な結果に。

< その後 >
しかしレースが終わった後に、ラジオ静岡のアナウンサーからインタビューを受けて、
またもや祭りの後の祭りに発展。内容はWEBにアップされているとおりです。
しかしイワさんはよくしゃべります。
おろし師匠へのラブレター、あるわけない。



第3回「だいこんおろし」の彼女募集記念
平成16年7月4日多摩川第11R
記念勝利選手 岡本猛(大阪)

< レースPR(展示の時の実況) >
ハンドルネーム「だいこんおろし」38歳会社員群馬県在住、
開場50周年を迎えた多摩川競艇場のご縁で、
この先50年連れ添える女性が見つかればなんとすばらしいことでしょうか、
とのメッセージです。だいこんおろしさん、がんばってください!

(JLCのオッズ画面の女性アナウンサー)
このカードには第3回だいこんおろしの彼女募集記念のタイトルがついています。
ぜひだいこんおろしの結婚記念のタイトルが付くのを楽しみにしていますw

< ドッキリ >
偶然にもやってもう太氏の協賛れーすと同じ日になってしまい、
おろし師匠は当日もう太さんに招待されて東京にくるとのこと。
もちろん彼女募集記念のことは黙っていたので、
何も知らないおろし師匠が多摩川にやってくると言うすばらしいセッティングになりました。
うちらは朝から来賓席でおろし師匠を待ち迎え、昼頃におろし師匠登場!
大爆笑でした。このドッキリが協賛レースでいちばんの大成功かな?
ただひとつ残念なのは、普通に協賛レース関係者として裏の入り口から入ってくれば、
出走表なんて見ないで来賓席に来るのに、正面の普通の入り口から入場したらしいので、
そこで出走表を見て彼女募集記念があることを知っちゃったんですよね。
来賓席に来るまで知らなければおもしろかったのに。
でももう太氏に、あなたのレースがありますよって言われて。
びっくりした時の師匠のリアクションはおもしろかっただろうと想像できます。

< その後 >
師匠も競艇場前駅でもう太氏と別れて、お舟さん軍団と合流して
ファミレスで打ち上げをして群馬に帰って行きました。
おろし師匠へのラブレター、おそらくなかったでしょう。



第4回群馬のヨン様こと「だいこんおろし」の彼女募集記念
平成16年9月12日平和島第11R
記念勝利選手 加藤知弘(ぐんま)

< レースPR >
甘い声と優しい瞳はまさに群馬のペヨンジュン。
本物のヨン様と違うのは競艇LOVEの熱いハート。
そんな純愛主義の彼があなたのハートを射止めます。
冬ソナのような恋愛をしたい人はぜひ。

< ドッキリ >
今回のドッキリは大がかり。
お舟さんメンバーで愛知在住のロッキー羽田氏に協力してもらい、
協賛レースの当日に親戚の結婚式があるので東京に来るというウソを師匠についてもらいました。
こうすればなんの疑いもなく師匠は東京に来るはず。
それを話したのがみんなで名古屋に行ったときに居酒屋でロッキーが師匠に話したので真実味が増したのかもしれません。
そして当日、なんですがまたおろしはWEBの前日出走表で協賛レースのことを知ってしまいました。
ほんとにまたかよーって感じ。平和島に来てもロッキーはいない、
かつ自分の協賛レースが開催・・・ってのはもろくも崩れてしまいました。
まあロッキーは来ませんって言ったときにちょっと怒っていた
みたいなので大成功ってことでいいかな?
もう前日に知ったとしても、発見したぞって感じで書き込むのはやめてください。

< その後 >
おろし師匠の呼び名は「ぺ」様と変わりました。



第5回ヨン様激似第5回大根おろしの彼女募集記念
平成16年11月18日浜名湖第6R
記念勝利選手 菊地孝平(静岡)

< レースPR >
ヒロシです!生まれて38年間彼女が出来ないとです。
今年中に出来なければ舟券スト突入の覚悟!
桐生在住南東北のぺ・ヨンジュンと一緒に浜名湖の中心で愛を叫んでください 

<解説>
タイトルを「だいこん」から「大根」にしたのはタイトルの字数の制限がギリギリだったのです。
もう削るとしたら名字を漢字にするしかなかったのです。
「ヒロシです・・・」というのは今ちまたで流行りまくっているフレーズ。
「ヒロシ」のぼやきが彼女ができないと言うこととかなりマッチしているのではないでしょうか。

<んで>
本来なら優勝戦キボンヌだったのだが落選。おそらくこの落選はなるべくしてなったと言うべきなのかもしれない。
落選したときに今回はやるべきではないと言う意見があったのだが、今思うとやらない方がよかったかも。
その理由として浜名湖側の対応が今までで最悪。あとは表彰式を見てすべてのことが理解できたこと。


メインに戻る