当店で、燗酒で提供しているのは
近江の銘酒月の里です。

実は、当酒蔵には店長の姉が
とついでおります。親戚なのです。

最盛期には、火入れ、びんつめ等
手伝ったアットホームな蔵です。

藤岡の酒になれた方には、少々
甘く感じますが、風味、こくは絶妙
です

お酒は「湯煎」で燗をつけるのが一です。
忙しいけど頑張ってます!

表 現
温 度
適した日本酒のタイプ
・飛びきり燗(とびきりかん) 55℃以上  
・熱燗(あつかん) 50℃くらい ○本醸造 ○普通酒
・上燗(じょうかん) 45℃くらい 純米 本醸造 普通
・ぬる燗(ぬるかん) 40℃くらい ○吟醸   ○純米
○本醸造  ○普通
・人肌燗(ひとはだかん) 35℃くらい ○大吟醸 ○吟醸 ○純米
○本醸造  ○普通
・日向燗(ひなたかん) 30℃くらい  

お燗の温度を表す言葉

お燗の効用といえば、まずはお燗をつけることにより
眠っていた力を目覚めさせることができるのです。

・冷では感じる事が出来なかった豊かな香りやコクが
  酸と共にクッキリとし、味の輪郭が滑らかになる。

・冷では隠れ ていた嫌味な部分が燗をつけることによ
 り前面にでてしまい、逆に味のバランスを崩してしまう酒
 (一部の大吟醸酒や生酒)もありますので、その点には
  ご注意を。

 また、日本酒を冷やで飲むと、口当たりが良いのでどんどん飲んでしまた経験はありませんか?
 しかし、お燗をつけると、アルコール分を強く感じてしまうので一気に多くを飲む ことが出来なく
  なってしまいます。すると、自動的に急激な酔いや悪酔いを防ぐ事が出来るというちょっと 面
 白い側面もあります。