"SEND BACK" Introduction


ご挨拶

"SEND BACK"にご来場いただき誠にありがとうございます。本ページは川崎鶴見臨港バスと臨港グリーンバスに関する私設ファンページです。

川崎鶴見臨港バスとは?

川崎鶴見臨港バスはその名前の通り、神奈川県の川崎と鶴見を拠点とするバス事業者で、京浜工業地帯の勤労者の足として、鶴見・川崎地区の住民の足として活躍しています。詳しい説明はRinko bus introductionをご覧下さい。
臨港グリーンバスは川崎駅西口を拠点とする、川崎鶴見臨港バスの分離子会社です。平成11年に設立されました。
川崎鶴見臨港バスが運行していた川崎駅西口から綱島駅までの路線(川51系統)が移管されたほか、川崎駅西口から鶴見駅前を結ぶ川50系統、川崎駅西口から元住吉を結ぶ川60系統などの路線を川崎鶴見臨港バスからの委託という形で運行しています。

"SEND BACK"の由来

"SEND BACK"という名前の由来は、臨港バスにおける「回送」の英語表記によります。通常、列車やバスの方向幕では「回送」の英語表記として"Out of service"や"Not in service"と表記するのが一般的であります。ところが臨港バスでは"SEND BACK"と表記しており、ここに臨港バスらしさを感じてしまいタイトルにしてしまった訳であります。
この"SEND BACK"を通じて、ご覧いただいた方々の趣味活動の一助となれば幸いに存じます。

推奨ブラウザ・モニタの設定など

トップページにもありますが当ページはInternet Explorer 5.5(1024*768)で動作確認しております。フォントサイズは(小)が最適です。他のブラウザでも見れないことはないと思います。

弊サイトに掲載されるデータ類の取り扱いについて

このホームページ上にある写真・データ類の著作権は猪狩茂則が所持します。(ご提供いただいた資料については明記されている製作者に帰属します。)写真・データ類は個人で楽しむ以外の目的で使用される場合は、事前にメールにてご連絡ください。
写真・データ類の無断転載は禁止とさせていただきます。無断で使用された写真・データ類等によって生じた問題に関しての責任は一切負うつもりはありません。
本ページに掲載される車両形式などのデータに関して、一部推測によるものが含まれております。データの取り扱いには正確を期しておりますが、誤りがある可能性があります。あくまでも参考としてご覧下さい。本ページに起因する損害などが発生した場合、当方ではその責は負いかねますのであらかじめご了承下さい。また、本ページにおいて誤りを発見されましたら、下記メールアドレスまでお知らせ頂ければ幸いです。

お問い合わせについて

このホームページに関する意見・質問等は下記メールアドレスにてお知らせください。当ページは掲載されている企業・個人・地方公共団体等とは一切関係のない非公式なファンページです。
企業・個人・地方公共団体等へのお問い合わせは絶対におやめください。

リンクについて

本ページへのリンクはフリーとしています。バナーがご入用の場合は、下のバナーをご利用ください。
相互リンクも行ってますので、ご希望の方は下記メールでお問い合わせください。

製作者紹介

園前花月のSEND BACK的ブログにて小生の紹介文を掲載しております。興味がありましたらご覧ください。



開設 平成14年5月1日
製作者:園前花月
SEND BACK (川崎鶴見臨港バス・臨港グリーンバス私設ページ)

ホームページに戻る

メールはこちらへ