日本子どもを守る会とは


日本子どもを守る会は,1952年5月17日に誕生しました。
 「児童は人として尊ばれる」とうたった児童憲章が制定された翌年のことです。当時は,朝鮮戦争の最中,米軍の前線基地となっていた子どもたちは,その生活・教育・文化・福祉・健康・環境のすべてにわたって,児童憲章が踏みにじられる状況下にありました。この現実を黙視できないと,親や教師はもちろん,学生・研究者・専門家・地域活動家・市民団体・文化団体・労働組合など広範な顔ぶれの人々が結集し,思想・信条のちがいをこえて,子どもの人権と平和を守る国民的な運動をすすめました。
 1989年11月20日,国連総会は「子どもの権利条約」を採択し,21世紀を「子どもの世紀」にすることを目指して,壮大な国際的な取り組みを進めています。日本子どもを守る会は,日本における子どもの権利の水準を向上させるために,子どもの意見を聞きながら子どもの権利条約の具体化をすすめておりますが,98年6月に国連・子どもの権利委員会が日本政府からの『報告書』を審査して,日本政府に子どもの権利についての“懸念”と“勧告”を出しました。私たちはこれを全面的に学習し,子どもの権利の水準をさらに向上させるために,運動の新しい段階に入っています。
 

 

会の歴史と活動

1946,11.3 日本国憲法公布。

1947,3.31 教育基本法成立。

1951,5.5  児童憲章制定。

1952,5.17 日本子どもを守る会結成。

(初代会長 長田新)

1958,5.31 羽仁説子、第2代会長に就任。

1964,6.14 『子ども白書』創刊。(現在まで続く)

1988,5.22 大田 堯、第3代会長に就任。

1989,11.2 国連総会、子どもの権利条約採択。

94,5.22日本で発効)。

1997,5.18 中村博、第4代会長に就任。

2002,5.17  日本子どもを守る会50周年

(50年誌『花には太陽を子どもには平和を』刊行)。

2004,5.23 中野 光、第5代会長に就任。

 

2006.5.21 正木健雄、会長代行に就任。 

現在の役員

会長代行 

正木 健雄 (日本体育大学名誉教授)

副会長 
 五十嵐マリ子 (横浜子どもを守る会)

 関谷美奈子 (京都子どもを守る会)

 高橋  栄  (親子映画)
 武山ゆかり (医療ソーシャルワーカー)

 増山  均 (早稲田大学教授)

 山口  隆 (全日本教職員組合副委員長)
事務局長
 高柴 光男 (教育科学研究会)

名誉会長

 大田  堯 (東京大学名誉教授)
 

顧 問

 中野  光 (教育学研究者)
 
中村  博 (児童文学作家)

 

 

「日本子どもを守る会」へのご案内

○戦後の日本を「子どもを大切にする国」にするために力をあわせてきた会、

○『子ども白書』をはじめ子どもをすこやかに育てる知恵と多くの人々の努力を結集してきた会、

○全国各地で子どもと共に多彩な活動をくりひろげ、ゆたかな人間的出会いを実現してきた会、

 

このような会にあなたも加わってくださることを