イスチPC改造計画 その6

ソフトウェア編


7/5けだるい昼下がりに開始したPC改造ですが、いい感じに日が暮れてきました。
そろそろお腹がすいてきた気配。

電源をおもむろに投入してBIOS画面で設定をざっと確認します。
起動ドライブ順をFDD、CD、HDDの順に変更します。


その他はデフォルトでOKでしょう。

先にCDドライブにWinXPのインストールディスクを入れてから、BIOS設定を保存して再起動します。


起動時に適当なキーを押してCDから起動させます。
んで、まっさらなHDDですので領域設定がされていません。
起動ドライブに20GB、データドライブに160GBを割り当てることにしましょう。

起動ドライブCをフォーマットしている間に、食事に行ってきましょ〜。


・・・ 食事中 ・・・

近くのラーメン屋で、みそラーメンをずずずっと、食してきました。
店の名前は・・・・・え〜っと、、、、、忘れました。
なんか懐かしい感じがする甘口のみそで、うまかったっす。

・・・ 食事中 ・・・


お腹も一杯になったところで、一眠りインストールの続きです。
フォーマットが終わると後は、特に気を付けることもなく、デフォルトでサクサク進みましょう。

セットアップの開始〜

半角/全角キーをぽちっとな

Cドライブを選択

NTFSでフォーマット(食事中に済)

ファイルのコピーが終了して、一旦再起動

XPが起動してインストール続行

コンピュータ名とアドミニストレータのパスワードを入力

使用者の名前と組織名を適当に入力

何も変更せず次へ〜

あとは待つだけ〜



で、再起動後

ようこそ画面が出ました〜。

ゴミ箱だけがぽつんとあるデスクトップ


さくっさくっと、OSインストール終了。

次は、各種ドライバのインストールっす。


まずはマザーボードのチップセットドライバのインストールっす。
マザーボード添付CDをセットアップして、ワンボタンクリックで全自動インストールっす。
再起動も自動。Xpress3っていうらすぃ。
(GIGA-BYTE)

おつぎはビデオカードのドライバのインストールです。
nVIDIAのHPよりダウンロードしておいた最新版ドライバ44.03をインストールしましょう。
インストール終了後再起動して、画面解像度を1152*864に設定(なんか半端ね。イスチさん常用らしいっすけど)
画面が広く使えるって素敵。(私はLCD使用なので無茶な設定は出来ません)

以上でドライバのインストールは終了。


次は何しよう?
デスクトップにゴミ箱だけっていうのは寂しいので、
マイドキュメント・マイコンピュータ・マイネットワーク・Internet Explorerを表示させておきましょう。


あとは、不要なエフェクトは切っておきましょうか。
視覚スタイルを切ると98とか2000みたいになるので、これは一応残しましょ。
この辺は使っていく内に好みで変更してくださいな。
ついでにマウスポインタは3Dモノクロで。


アプリケーションのインストールをしましょうか。
っとその前に、ベンチマークしときまひょ。
体感速度も上がっているだろうけど、数値で比較して自己満足度をさらにUPさせましょう。

特にインストールするのもアレなので、コピペだけで使用できるHDBENCHとスーパーπをやりまひょ。


と思ったら、衝撃的な事実がっ!!


改造前のデータ取ってないやん・・・・うかつ。

元に戻すのも面倒ですし、やっちゃったもんはしょうがない。
改造前と似たようなスペックのマシンで代用しましょう。(ついでに私のPCのも載せときましょ)

代用マシンスペック概要
CPU:Pentium3 866MHz
メモリ:PC133 128MB+256MB
マザー:CUSL2-M
ビデオ:i815E内蔵
HDD:バラクーダATA4 80GB

とまあビデオカードがオンボードの点を除けば、改造前とほぼ同等っす。


で、まずはスーパーπから

代用マシン イスチPC改 (SYOUSYOU1号機)
スーパーπ104万桁計算時間 3分00秒 58秒 1分08秒

いい感じ〜。CPU周波数3倍で、時間1/3に短縮っすか。(そんな単純なもんじゃないとは思うけどね)


お次はHDBENCH。

代用マシン      イスチPC改     (SYOUSYOU1号機)
ALL 21252 43251 37077
CPU Integer 34430 74659 74453
CPU Float 35890 92362 90578
MemoryR 9981 212632 23381
MemoryW 10695 80434 35521
MemoryRW 16783 166604 37156
Rectangle 13400 107200 65800
Text 12382 31128 54118
Ellipse 2177 9660 7474
BitBlt 32 608 432
DirectDraw 29 42 15
HDD Read 40346 15238 53250
HDD Write 39054 15982 49254
HDD RRead 14559 10637 7575
HDD RWrite 17201 7962 20868

おお〜CPUが倍になって、メモリは10倍以上っすね〜。
このベンチではCPUのHTの効果はわかんないっすね。なにげに私のPCとほぼ同じだし。
うって変わってメモリは素晴らしいの一言っす。
さすがDual動作してるだけあります。見事です。
ビデオカードはオンボードビデオとの比較ですが、いいんじゃないかと。
私のTi4200と比較しても良いです。なぜかTextだけが低いですけど。

最後にHDDです。

コレも、、、素敵、、、で、、、す、、、


はい?

素敵ですね。

逆の意味で。



どういうことでしょう?
値が他のに比べて1/3位になってます。はて?
3台ともATA100のHDDですので、こんなに大きく変わるなんてあり得ないんですけどね。
しかも私のPCとは容量違いですけど同じモデルなんですけどねぇ。

ケーブルをCDの方のATA33ケーブルと間違えたかな〜?:いや、あってます。

デバイスマネージャーの設定がPIO(遅い方)になってる?:いや、DMA(早い方)になってます。

が、XPはDMAのモードまで表示されるんですけど、なんとDMAモード2ってなってます。

つまりATA33として認識されてます。おーまいがっ

本来ATA100のHDDがATA33になってるので、ベンチの値もきっちり1/3になってた訳ですね。

なるほど。


で?


なして?


原因がさぱ〜り分かりません。

とりあえず再起動してBIOSの設定を見ましょう。

ふむ、特に問題ないとおもわれるんですけどねぇ。

もっかい再起動すると、、、、ん?

BIOS時の認識がなんと

Primary Master HDD ATA33

おおっと、BIOSの認識の時点で変でした。

何度も再起動してたけど、気づかなかった...

さてそれではもう一度BIOSの設定を見てみましょう。




.....10分経過.....





.....20分経過.....





.....30分経過.....





ふぅ
.....気分転換に98の再セットアップでもしよう。詳細は下の方で.....






.....なんやかんやで3時間経過.....








全然わっかりません。


泣きそうです。


ヒントでもいいから誰か下さーい。


そうだ!ネットで検索してみましょ。


書き書き、、、ふむふむ、、、え゛、、、え゛え゛〜〜〜



なんと衝撃の事実がっ!!2回目


次回に続く...




続き(はやっ)


なんとBIOS画面には隠しコマンドがあることが判明!!


しかもっ!!


マニュアルに書いてあるってさ〜〜〜 ┐(´ー`)┌

確認してみると...

こんな感じで書いてありました。

さらに、

なことまで、書かれていました。(ギガのマザーではお約束らしいっす。使ってるのに知らなかった。)


今回の教訓
 皆さん、慣れた作業とはいえマニュアルはよく読みましょう。



さて早速アドバンスな世界を見てみることにしましょう。

  
起動直後のBIOS画面                         Ctrl + F1キーを押した後のアドバンスBIOS画面


Advanced Chipset Features項目が増えてます。ここはメモリの設定なので関係ないんですけどね。

関係あるのはその下の、Integrated Peripherals(統合周辺機器)っす。

  
ノーマル画面                              アドバンス画面


出てきましたよ、ULTRA DMA設定が。

しっかり無効になってます。なんでやねん。(写真は私のPCで撮ったのですべてAUTOになってます)

私のマザーではデフォルトで有効になってたと思うんですよね。過去の記憶に残って無いからそうだよな〜。

デフォルト無効ってど〜いうことですか?ギガバイトさん。

型番変われば仕様も変わるってやつですか?

しかも、「有効」っていう設定は無くて、「無効」か「自動」しか無いし。

だったら、最初から自動でいいじゃん、ってー話よね。



気を取り直して、設定&保存して再起動っす。

うむ、XPのデバイスマネージャでしっかりDMAモード5って出ました。

さてHDBENCHをもいっかいやってみましょう。

HDBENCH結果(再)

代用マシン      イスチPC改     (SYOUSYOU1号機)
ALL 21252 53547 37077
CPU Integer 34430 74661 74453
CPU Float 35890 92372 90578
MemoryR 9981 211711 23381
MemoryW 10695 79398 35521
MemoryRW 16783 155238 37156
Rectangle 13400 105200 65800
Text 12382 31200 54118
Ellipse 2177 9633 7474
BitBlt 32 608 432
DirectDraw 29 42 15
HDD Read 40346 47828 53250
HDD Write 39054 57951 49254
HDD RRead 14559 8140 7575
HDD RWrite 17201 23486 20868

素晴らしい、感無量です。HDDのランダムリードが遅いのはこのモデルの仕様らしいっすね。

最後にキャプチャカードを取り付けて、ドライバ&ソフトをインストールして終了っす。
キャプチャカードの動作確認は後日してもらうことにしましょ。

mpeg動画をぐりぐりしてもサクサク動く、クイックレスポンス!ああ素晴らしい。



イスチさんもご満悦〜〜〜〜。



お疲れ様でした。





               イスチPC改造計画・・・・・














おまけの番外編


HDDのDMA設定ではまっている時に、気分転換に元々のWin98のシステムの再セットアップをしました。

Win98って結構いい加減自由なOSですので、ここまでごっそり中身が変わっていても動きます。

とはいっても起動ドライブがC以外になってしまうとダメだと思いますけど。

リムーバブルケースをガシャポンとWin98HDDに交換して起動します。

ふつーに起動しました。

まあ、ドライバ関係は全く別物なので、VGA16色だったり無音だったりしますけど。

早速ドライバ入れましょう。マザーのCDを入れてワンボタンクリックで全自動インストール開始&終了。

順調順調。

いいねーやっぱこうでなくちゃ。うんうん。

さてお次はグラフィックカードドライバいれますか。

98用の最新版44.03をインストール。

ほいほい、、、ふんふん、、、あり?なんかエラーが一瞬出たような気が、、、、、、

気のせいだねっ。

気にせず再起動〜〜。

BIOSが立ち上がって、見慣れたWin98起動画面がでて、デスクトップが、、、、、、、、


出ねえ。


画面真っ黒のまんまやん。


お前もか!!


あーあー、いやんなっちゃうな〜も〜。

なんか画面が左上の方に縦2mm×横20mmくらいに圧縮されてる様な感じ。

いや、全然判別不能なんだけど、そこだけ白くぼ〜っと光ってるのよね。

なんだこりゃ?

まあビデオカードのドライバをインストール失敗してこんなんなったんでしょうけど。

画面が全然分かんないので、とりあえずキーボード操作でシャットダウンさせましょう。

ウインドウボタンを押して、上キーを押して、Enterキーを押して、も一回Enterキーを押すと、、、、

シャットダウン出来た。表示が変なだけで、他はちゃんと起動している模様。

とりあえずセーフモードで立ち上げて、ドライバ消しますか。

起動時にCtrlキーを連打ダダダっと。


で、ディスプレイアダプタを削除して、再起動っと。


再起動したら、ディスプレイアダプタを自動認識したので、ドライバインストールにOKを押して再起動。

・・・・また真っ黒じゃ。

なんでや?

またセーフモードでドライバ削除して、今度は自動認識時にNOを押して、起動後にもう一度ドライバのインストール。


再起動すると・・・・・


だめじゃん。


むう、削除&インストールを3回ほど繰り返したんだけど症状は変わらず。

なんでやろ〜。

削除&インストール拒否した後、再起動&拒否を3回ほど実行。

その後、起動時に自動認識しなくなったので、再度ドライバをインストールすると、エラーもなく終了。


再起動後・・・・・・


ヤターきちんと出た〜。


結局、解決方法は謎のまま・・・・こんなこともあるさー。

こうして夜は更けていくのであった。


   番外編完