私の楽しみへ
トップへ   
                                                   


< 孫の洋服作り 夏用 >


2008/07/17更新

子供服に・・・お花ー2




早くしないと梅雨が明けてしまう・・・・・・暑いのが苦手な私、
急いで
前回の型紙を使って、
今度は孫が自分でボタンを止められるように前開きのワンピースを作ってみました。

年を重ねる毎に、
デザインを考えたり、型紙をお越したりするのが面倒になってきましたが、
前開きにして前に白い切り替えを入れただけで、雰囲気が違ったように思えます。
気に入ってもらえるかな?

根気がなくなってきたこの頃、あと何年、孫の為に洋服を縫えるかしら?  目も気持も元気でいたいものです。




このお洋服で孫のKちゃんからの注文は
「ハートを三つ刺繍してね。」
という事で左袖に、
ピンク、ブルーで小さなハートを三つ刺しました。

「真ん中の少し大きなブルーのハートがお父さん、
両側のピンクがお母さんとKちゃんよ。」
と、電話で伝えました。

2008/07/05




5月の連休に遊びにきた孫のKちゃんとの約束のお洋服が漸く出来上がりました。

 スタイルブックでは、ウエスト部分に
レースのお花が張り付けてありましたが、ピンクの花を刺繍する事にしました。

後ろにも同じ刺繍をしました。

いつものように、「どのお洋服良い?」と、スタイルブックを渡すと、
選んだのが、ピンクのワンピースでした。
年長さんになって、女の子っぽくなって、この頃ピンクのお洋服が好きなようです。
襟の部分はケーブルステッチにして
ボリューム感を持たせました。

お友達のN子さんは海外旅行が大好きで、
いつも珍しいお土産や旅行先からお便りを下さる。

私はもう、ツアーは無理なので、
全然海外旅行に行く気がしませんが、
居ながらにして、珍しい物に触れる事が出来、幸せです。

これは頂いたお手紙にあった手書きのイラストで、
とっても温かく、面白いので、
いつか刺繍にでもと、残しておいたものです。
今回はその中の一つ、
お花の鉢に顔が描いてあるのが楽しいので、
使わせて頂きました。

2006/07/01





昔よくスモッキングをした洋服を着たのを懐かしく思い出しながら、
今年は孫の為にスモッキングをしました。
脇にリボンを挿み、後で結んでいます。
残り布でお揃いのポシェットも。


私の子供達は男の子だったので、
成し得なかった女の子の服作りがやっと実現、
でも、時代遅れの感覚では?と、ちょっと心配、
デザインは、お嫁さんに好みを聞いてから。



 
こちらは少しおとなしく、ブルー系で。
電話で孫にバックの好みを聞いた所、こちらは手提げを希望、
好みがはっきり言えるようになって、成長を感じて嬉しい。


止めのボタンはカタツムリ、
ボタンのケースの中から探し出した物
何に使ったかも思い出せない昔の物。
可愛い物は捨てられない私。

2004/06/08





孫の洋服作りも私の楽しみのひとつです。
夏に向け、明るい太陽の下、元気に出かけて欲しいと作りました。
ポシェットもおそろいで。
裾のお花は、優しい子供に育って欲しいとの思いをこめて、柔らかな色合いで刺繍しました。


孫のKちゃんも2歳になりました。会う度、言葉の数も増え、楽しみです。
先日、訪ねてきた折には、こんな会話でおばあちゃんを喜ばせてくれました。

私が台所で、「あっ!」と、言ったり、「ガチャン!」と、何か物音をたてると、
遊んでいた手を休め、駆け寄ってきて「だいじょうぶ? だいじょうぶ?」と、顔を覗きに来ます。
「大丈夫よ。」と言うと、「だいじょうぶ!!」と、言いながら安心して戻って行きます。
家でお母さんが彼女に掛ける言葉を真似しているようです。






これは丁度1年前に作った
セーラーカラーのツーピースです。
ポケットの中から
ウサギさんが顔を出すように、
刺繍しました。
セーラーカラーの後ろには
ウサギさんの後姿を刺繍。