横浜植物会について

photo1

横浜植物会は、1909(明治42)年、日本で最初に設立された植物同好会です。植物観察会を月1〜2回開催し、冬季には講演会を開催している他、会報を年4回、年報を年1回発行しています。

▼入会ご希望の方は、こちらへどうぞ

 

観察会 速報


【2017年】
▼バックナンバーはこちら


インフォメーション

「植物画と押し葉標本のコラボ展」開催
開催日:9月10日〜9月24日(19日休園)(於:横浜市こども植物園展示室)→詳細はこちら

◆9~11月の例会のご案内◆
詳細はこちら

◆会報238号が発行されました◆
発行 平成29年8月 →詳細はこちら

◆2017年 年報46号が発行されました◆
発行 平成29年5月 →詳細はこちら

平成29年度 例会案内


横浜植物会の例会はどなたでも参加できますが、会員外の方は、参加費500円が必要です。
 また、宿泊などの予約制の例会はそれぞれ規定の参加費が必要です。
 詳細は事務局までお尋ねください。
 E-mail:yoko.syoku1909@gmail.com (@を半角に変換してお送りください)
 注1:観察地、日程等は現地の状況で変更する場合があります。
 注2:コース等は担当者が選定し、会報でお知らせします。


1月22日(日) H29 年度総会「H28 年度報告と H29 年度計画」

田中(徳)/渡辺/大井/青木/野島/塚本(や)

講演会=「カヤツリグサ科スゲ属について」
講師:勝山 輝男 顧問 (県 博物 館 )
場所:横浜市こども植物園・研修室13:30-16:30
2月26日(日)

講演会=「地下生菌の多様性と進化の謎」
講師:折原貴道先生(農学博士/県博物館学芸員)
場所:横浜市こども植物園・研修室13:30-15:30

田中徳/渡辺/野島/
塚本(や)/中村

3月26日(日) 長沼公園早春の植物観察会(八王子市)
(京王線長沼駅)
遠藤/小暮/
五十嵐
4月22日(土) 新林公園春の植物観察会(藤沢市)
(JR東海道線藤沢駅)
市川/中村/辻

5月30日(火)~
5月31日(水)

鳳来寺山と愛知県民の森植物観察会(新城市)
(バス予約制・雨天実施)
佐々木(あ)/
佐々木(シ)/
市川

6月10日(土)

称名寺市民の森と野島の植物観察会(金沢区)
横浜市環境月間協賛事業(京急線金沢文庫駅)
林/野島/塚本
7月13日(木) 天神島・夏の海浜植物観察会(横須賀市)
指導:大森雄治顧問 (JR横須賀線逗子駅)
水上/中村/
青木
7月31日(月)~
8月2日(水)
秋田駒ケ岳・森吉山植物観察会
(JR 秋田新幹線・田沢湖駅現地集合・雨天実施)
篠原/中村/
遠藤
9月6日(水) 寺家ふるさと村の植物観察会
(東急田園都市線・青葉台駅)
小暮/辻/大井/難波
10月2日(月) 県立境川遊水地公園と天王森公園植物観察会
(泉・戸塚区)
篠原/五十嵐/ 佐々木(シ)
/難波
11月1日(水) 弘法山・名古木方面で秋草の観察会(秦野市)
(小田急線秦野駅)
佐々木(あ)/ 辻/市川
12月未定(日) 講演会@:「2017-植物界の話題」
講師=県博主任学芸員 田中徳久先生
講演会A;「2017-観察会の特筆すべき植物」
講師= 例会担当運営委員
渡辺/青木/
野島/塚本(や)


平成29度 植物勉強会(初心者会員向き)

定員15名・申し込み制(先着順) 詳細は事務局までお尋ねください。
 E-mail:yoko.syoku1909@gmail.com (@を半角に変換してお送りください)

毎回、持ち物は昼食・飲み物・観察用具(ルーペ、図鑑、筆記用具等)、雨具
参加費は300円(当日納入ください)。お申込は10名〜15名程度、田中京子運営委員へ。連絡先=中村洋一 (Tel 0467-31-6650)
◎初心者勉強会は会員対象行事です

注1:観察地、日程等は現地の状況で変更する場合があります。
注2:コース等は担当者が選定し、会報でお知らせしますが、変更の場合もあります。

2月22日 @ 雑木林の冬の樹木観察 田中(京)/
佐々木(あ)/
野島/中村/
佐々木(シ)
4月26日 A 春のカヤツリグサ科・イネ科勉強会(舞岡公園)
6月24日

B 薬になる植物(2)昭和薬科大学薬用植物園

9月30日 C 茅ヶ崎公園自然生態園で秋の里山植物観察会
10月上旬 D 秋の里山でイネ科植物を観察しよう(舞岡公園)
11月上旬 E シダを観察しよう