本文へジャンプ
インフォメーション
トップ
相談
調査
協議
合意書作成
アフターケア
親権
認知
養育費
慰謝料
財産分与
面接交渉権
年金分割
協議離婚の基礎知識
家庭裁判所での手続き
内容証明郵便
料金表
お問い合わせ
コラム
Vol.1
統計で見る離婚事情

Vol.2
認知と養育費

〒370−3347
群馬県高崎市中室田町
2535−3

TEL/FAX
027(384)8709

〜恋人から夫婦まで 結婚前から離婚後まで〜
男女のトラブルご相談ください。



慰謝料


不貞行為や暴力行為などによって傷つけられた肉体的・精神的苦痛に対する代償として相手に請求するもの。

相手側にどれだけ非があるかが大きな判断材料となります。

慰謝料請求の時効は3年です。

慰謝料を財産分与に含めて支払うこともありますが、この場合は後からもめることのないよう、その旨を文書に残しておきましょう。

裁判などで慰謝料額が判断されるには、いろいろな要素や条件が絡んできます。

請求する側 請求される側 両方
精神的苦痛の程度 不貞や暴力など有責性の程度 婚姻期間の長さ
離婚後の経済的条件 支払い能力や社会的地位 未成熟の子供の存在
婚姻維持のための協力度 離婚を望む気持ちの強さ 親権の問題




慰謝料の相場(参考)


不貞行為があった場合でも、通常の夫婦間の慰謝料は200〜300万円程度が相場のようです。

高額な慰謝料が認められる条件は、長期にわたる不貞事実があること、

相手が尽くしているにもかかわらず一方的に婚姻関係を破綻させた、支払う側に十分な資産・収入があることなどです。