本文へジャンプ
インフォメーション
トップ
相談
調査
協議
合意書作成
アフターケア
親権
認知
養育費
慰謝料
財産分与
面接交渉権
年金分割
協議離婚の基礎知識
家庭裁判所での手続き
内容証明郵便
料金表
お問い合わせ
コラム
Vol.1
統計で見る離婚事情

Vol.2
認知と養育費

〒370−3347
群馬県高崎市中室田町
2535−3

TEL/FAX
027(384)8709

〜恋人から夫婦まで 結婚前から離婚後まで〜
男女のトラブルご相談ください。



年金分割


夫の厚生年金を離婚後は妻に分割すること。

・妻自身の厚生年金が支給されない場合
婚姻期間中に夫が支払った年金保険料に対応する部分の2分の1が上限。

・妻自身に厚生年金が支給される場合
婚姻期間に該当する部分の2人分の年金をあわせてその2分の1が上限。

年金分割には夫の合意が必要です。

この合意は、単なる契約書や覚書にしたものでは認められず、公正証書または公証人の認証を受けた私署証書でなければなりません。

ただし、平成20年4月以降の婚姻期間については、夫の合意なしに分割することができます。




年金分割のための情報提供請求


按分割合が5:5であれば社会保険事務所に按分割合の情報請求を行なわなくてもよいのですが、その他の按分割合であれば、公正証書にするにしても事前に社会保険事務所への請求が必要です。