本文へジャンプ
インフォメーション
トップ
相談
調査
協議
合意書作成
アフターケア
親権
認知
養育費
慰謝料
財産分与
面接交渉権
年金分割
協議離婚の基礎知識
家庭裁判所での手続き
内容証明郵便
料金表
お問い合わせ
コラム
Vol.1
統計で見る離婚事情

Vol.2
認知と養育費

〒370−3347
群馬県高崎市中室田町
2535−3

TEL/FAX
027(384)8709

〜恋人から夫婦まで 結婚前から離婚後まで〜
男女のトラブルご相談ください。



認知


婚姻していない父母の間に生まれた子を自分の子として認めること。

誕生のときに遡って扶養義務が生じる。

認知をした父または母は、その認知を取り消すことができない。

認知請求権は時効により消滅することはなく、放棄することもできない。




父子関係の認定基準


@母が懐胎可能期に父と情交関係をもった結果として子が生まれたこと。

A右期間中に他の男性と情交関係がなかったこと。

B子と父との血液型に矛盾がないこと。

C父らしい行為(生活費、養育費の支給など)

D人類学的諸検査(血清学上、HLA〈抗体抗原反応〉やDNA鑑定)において子と父との間に類似性が認められることなど。